大型犬の飼い方

Just another WordPress site

*

どれくらいの大きさから大型犬?

   

犬には、小型犬、中型犬、大型犬などサイズ別の分類方法がありますが、大型犬とは具体的にはどれくらいの大きさからそう呼ばれるのでしょうか。 はっきりとした決まりはないものの気になりますよね。

 

一般に、日本国内では体重20kg以上の犬を大型犬と呼びます。犬種で言うとシベリアンハスキーくらいでしょうか。メスだと個体によっては20kgより軽い場合もあるのではっきりと言いきれない部分もありますが、だいたいそれくらいです(^^;

 

外国になると規模が大きくなり、セントバーナード並みの犬に限って大型犬と呼ぶところもあるようです。ちなみに、日本だとセントバーナードなど体重40kg以上の犬は、超大型犬と呼ばれることが多いです。

 

ペットサロンでは、ときどき「大型犬は○○円」と書いていることがありますが、これだけの表記だと「うちのワンコは大型犬か中型犬かわからない」というときに悩みますよね。HPを持っているサロンであれば犬種ごとに詳しく書いているので、事前にチェックしておくと安心です。(HPがないサイトなら問い合わせてみましょう。)

 

一般的なサロンでの分類

大型犬
ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバー、スタンダードプードル、 ジャーマンシェパード、ダルメシアン、ラフコリー、オールドEシープドッグ、 ポルトガルポインター、ハスキー、アフガンハウンド、ボクサー、 フラットコーテッドレトリバー、アイリッシュセッター、アラスカンマラミュート、 ワイマラナー、エアデールテリア、など。

 

超大型犬
セントバーナード、ボルゾイ、秋田犬、グレートピレニーズ、バーニーズマウンテンドッグ、 ロットワイラー、グレートデーン、ニューファンドランド、ベルジアンタービュレン、など。

 

 - 大型犬の疑問 ,