大型犬の飼い方

Just another WordPress site

*

ラブラドールレトリバー

   

ラブラドールレトリバーは、カナダ原産の犬種で大型犬に分類されます。体型は、オスで約35kg、メスで約30kg。寿命は10~12歳。19世紀初め頃、「動物を回収する」という意味を持つレトリバーと名付けられ狩猟犬として働いていました。現在ではペットの他に盲導犬や警察犬としても活躍していますね。

 

よく似ている犬種でゴールデンレトリバーがいますが、並べてみるとラブラドールの方が毛が短いので割とすぐに見分けがつきます。顔もラブラドールの方がやや四角くなっています。

 

性格は、人に従順で懐きやすく初心者にもおすすめの犬種だといえます。子どもやほかの犬に対しても吠えることなく接することができます。また、飼い主を喜ばせることが大好きで、様々な競技で優勝をおさめています。

 

体毛が短く水をはじく性質を持つため、他の大型犬と比べるとお手入れは楽です。ブラッシングは週に1~2回でOK。シャンプーは、1ヶ月に1度が理想的です。濡れた毛も乾きやすいので手間もかかりにくいです。

 

人と触れ合うのが大好きな犬種なので、基本的には室内飼いがおすすめです。1年を通して暖かい地域であれあ屋外での飼育も可能ですが、寂しがり屋なので毎日遊んであげるようにしてください。

 

大型犬なので活動量は多いですが、他の大型犬ほどの走り込みは必要ありません。関節系の病気にかかりやすいので、1度に長い距離を歩くのではなくて、30分~1時間の散歩を1日2回以上行うようにすると良いでしょう。

 

早い段階からグルコサミンやコンドロイチンが配合されているドッグフードを与えることで、関節炎を予防することができます。肥満は関節炎を起こりやすくするので体重管理もしっかりと行ってください。お菓子の与えすぎには要注意。

 

 - 大型犬の種類