大型犬の飼い方

Just another WordPress site

*

大型犬にはグルコサミン・コンドロイチン配合のドッグフードがおすすめ

      2017/04/21

元気な骨

 

大型犬は、引き締まった筋肉と頑丈な骨格を持っているように見えますが、実は、先天性の関節炎を持っている場合が多くあります。

 

関節炎とは、骨と骨を繋ぐ関節に負担がかかって炎症を起こすこと。軽度であればときどき違和感があるくらいですが、重度になると痛みが強くなり歩けなくなることも。

 

大型犬の多くは、先天性の場合が多いですが、肥満や加齢によっても発症することがあるので、普段から予防しておくことが大切になります。

 

関節炎ケア、予防として摂っておきたい成分にグルコサミン、コンドロイチンがあります。人間用のサプリとしても人気なのでご存知の方も多いかもしれませんね。

 

グルコサミンの主な働きは、軟骨の再生と修復。軟骨の障害によって起きる関節炎を抑える効果が期待できます。一方、コンドロイチンには、軟骨のすり減りを抑え保水する働きがあり、関節炎の予防として役立ちます。

 

どちらの成分も加齢により減っていくことが分かっており、成犬のうちから摂取しておくこで健康な関節を保つことが可能になります。

 

大型犬のドッグフード選ぶ際には、関節に必要不可欠なグルコサミン・コンドロイチン配合のものが最適です。子犬用→成犬用フードに切り替えるとから与えておくと安心です。

 

参照:消化器系が弱い大型犬におすすめのドッグフード | 人気ランキング

 

 - ドッグフード選びのポイント ,