大型犬の飼い方

Just another WordPress site

*

スタンダードプードル

   

プードル

 

日本でプードルと聞くとトイプードルを思い出す人も多いと思いますが、 実はプードルには、トイ、ミニチュア、ミディアム、スタンダードの 4種類の大きさが存在します。

 

中でもスタンダードは一番大きく、体重は16~20kgほどあります。 場合によっては中型犬に分類されることもありますが、 このサイトでは大型犬として紹介させていただきます。

 

プードルの起源はあいまいな点が多く、 その名称からドイツ産と言われたり、フランスで人気があるためフランス産とされることもあります。 また、一部では南欧の混血説も唱えられています。

 

見た目のふわふわとした毛質の割には抜け毛が少なく、 犬の独特のにおいもないため家庭犬として飼われることが多いですが、 伸ばしたままにすると絡まりやすいというデメリットもあるため 定期的なブラッシングが欠かせません。

 

もともと鴨猟の回収犬であったこともあり泳ぎがうまく、 好奇心がとても強い犬種です。 他の犬、動物とも仲良く行動できるので社会性が身につきやすいという特徴もあります。

 

プードルがかかりやすい病気としては、 皮膚病、外耳炎、胃捻転などがあります。 皮膚炎と外耳炎は、見た目で気づきやすいので 普段から飼い主さんがチェックしてあげると良いでしょう。

 

 - 大型犬の種類